ビジネス気学×才能でつくる起業戦略 「オリジナルビジネスを持つ起業家になろう!」

menu

3ヶ月で起業家として”自立”する最速最短スタートアップ シンプルシフトトレーニング

じっと座って観察すると、

自分の心に落ち着きがないことがよくわかる。

静めようとするともっと落ちつかなくなるんだけど、

じっくりと時間をかけて落ちつかせ、

とらえにくいものの声が聞けるようになる。
このとき、直観が花ひらく。

物事がクリアに見え、現状が把握できるんだ。

ゆったりとした心で、いまこの瞬間が隅々まで

知覚できるようになる。

いままで見えなかったものがたくさん見えるようになる。

- スティーブ・ジョブズ (Apple CEO)

 

こんにちは。
シンプルシフト トレーナー 村上真里奈です。
今日は「マインドフルネスって何なの?」という
ご質問にお答えします。

私のマインドフルネスは、本で語られていたり
常識となっているものと違うかもしれません。

私が素晴らしいヨガのインストラクター達の
指導によって体感しているものだからです。

「マインドフルネス」というのは、
私たちの意識状態を指す言葉です。

瞑想と似ていますが、宗教的な意味合いを
排除して自分の心の状態を整えることを
マインドフルネスと呼んでいます。

スティーブ・ジョブズの言葉を借りるなら
「物事がクリアに見える
ゆったりとした心で、今この瞬間が隅々まで
知覚できるようになる」
今まで見えなかったものが見えるようになる」
状態のことです。

普段、色んなことを考えている頭に、
力が入っている身体に、
感情によって揺れ動く心に、
「静寂の空間がある」のがマインドフルネスです。

どうやったらその状態を作るのでしょうか。

マインドフルネスになるためには、
以下のプロセスを経る必要があります。

1、心と身体が統合されている。
2、五感の知覚が、内側に向いている。
3、意識を集中させる。
4、集中が深まり、自分と他人の境界線がなくなる。

このプロセスをショートカットしないことが大切です。

実は、ヨガでは、マインドフルネスという言葉はありません。

「ダーラナ」「ディアーナ」「サマーディ」
という3つのサンスクリット語で瞑想状態の深さを表しています。

つまり、マインドフルネス状態にも「深さ」が存在します。

最初は集中も難しいかもしれませんが、
数分の瞑想や日常に静寂を取り入れたり、
意識して立ち止まったりすることで
少しずつ、自分の内側に「静寂の空間を作る」
ことができるようになります。

心に空間がないと、私たちはストレスを感じる
ようにできています。

世界の優れたリーダーたち、有名企業が揃って
瞑想や禅の知識を取り入れ、実践していること
は有名ですよね。

私たちデジタル世代にとって、精神的なテーマは
受け入れ難い部分もあると思いますが、人間という
柔らかい存在の心の動きについて知っておくと
役に立ちますよ^^

心にモヤモヤを抱えているとそれだけで決断力が
低下してしまいます。

勇気を出して、立ち止まることが
心に静寂の空間を作ることにつながります。

金曜日の夜は立ち止まるのに丁度良い日だと
思います。

今夜は吸う息、吐く息、自分の呼吸を感じて、
心地よい眠りを体感してみてください。

お休みなさい。

 

関連記事

プロフィール

SIMPLE SHIFT
シンプルシフトトレーナー
GALLUP認定ストレングスコーチ
ヨガワークス認定ヨガインストラクター
村上 祐理奈
詳しいプロフィールはこちら

ぜひFacebookでも お付合いくださいませ♫

ビジネスアイデアWS

ビジネスモデル デザインセミナー ビジネスアイデア ワークショップ

「良いものづくり」から「感動創造」へ
お客様が感動する仕事の価値の作り方

詳しくはこちらから

“人生を思いどおりにデザインする”決断力を手に入れよう!

毎月限定受付中
\人生を思いどおりにデザインする/
”極上の決断”をつくる
『シンプルシフトトレーニング』

起業家 岐路 分かれ道 決断