ビジネス気学×才能でつくる起業戦略 「オリジナルビジネスを持つ起業家になろう!」

menu

3ヶ月で起業家として”自立”する最速最短スタートアップ シンプルシフトトレーニング

欲求は夢さえ犠牲にする。 人が持つ「6つのニーズ」とは

コーチングはよく分からなくても、アンソニー・ロビンズという名前を知っている人は多いのではないでしょうか。人生のあらゆる領域で世界最先端の知恵を与え、多く人々に影響与えたことで、世界No.1コーチとして認知されています。そんな彼が教えてくれたことに「シックス・ヒューマン・ニーズ」というものがあります。今日はそんなお話。

こんにちは。

気学と才能でつくる起業戦略
最速最短スタートアップ
シンプルシフトトレーナー
村上 祐理奈(むらかみ ゆりな)です。

学校で、会社で、合コンで
いつも「変わり者」「天然」と言われ、

3人のコーチ、ビジネスコンサルタントには
「そんなアイデア、ビジネスになるわけがない」
「どうして私の言うとおりに動かないんだ」

と継続コーチングを拒否されました。

そんな私の得意なことは、
3つの壁を壊すこと。

それは、
「常識の壁」
「主観の壁」
「実現の壁」

です。

そんな私の生きがいは
私と同じように「変わり者」の挑戦者である
起業家の「生涯の友人」として

起業アイデアの企画創造から、
起業家として自立するまで伴走し続けることです。

 

価値観と欲求の違い

私たち人類はの価値観は多種多様です。
生まれた土地、育った環境、今いる場所によって変わるものも多い中、
”ニーズ”と呼ばれる、”欲求”だけは世界共通である
アンソニー・ロビンスは言っています。

つまり、どんな国籍、人種でも
「誰かを愛したい」
「誰かに愛されたい」
「みんなに必要とされたい」
「家族を守りたい」
という感情を持っているということです。

ニーズという欲求は人間の本質そのものであり、
人の遺伝子に組み込まれているのではないかと

思うくらい、人類共通のものなのです。

すべての人は6つのニーズに従い、動いています。
今日は人間が持つ基本的な欲求についてのお話です。

シックス ヒューマン ニーズ 6つの欲求 アンソニー ロビンス

1.安定感・・・今までと”同じように”生きていたい。
2.変化・・・”今までとは違う”体験をしたい。
3.重要感・・・”価値ある存在”だと感じたい。
4.つながり・・・愛されたい。つながっていたい。
5.成長・・・自分のレベルを上げたい

6.貢献・・・誰かの役に立ちたい

 

私たちは自らのニーズによって好き/嫌いから
すること/しないことを決めています。
人は、モノやサービスを選ぶとき自然と自分の
”ニーズを満たしてくれるかどうか”で判断しているのです。

では、一つずつ解説していきますね。

人だけでなく、あらゆる生き物が生き延びるために
必要なニーズです。
ニーズを満たすために、現状維持を選択する人もいれば
選択肢を増やそうとする人もいます。
安定感は私たちが生きていく上で必要な感情ですが
求めすぎると、他人の行動が許せなくなったり、
自分で自分に制限をかけてしまうことがあります。

 

ずっと安定感ばかり満たされていると退屈だと感じるように
人はできています。
新しいこと、やったことないことをやりたい。
知らないことを知りたい。
知らない人に会ってみたい。
知らない場所に行ってみたい。

あなたが”変化”を求める理由は、”ワクワクしたい”という
感情のニーズにあります。

 

自分は平凡ではない、特別な存在でありたい。
人とは違う使命や意義があると感じたい。
ニーズを満たすために、競争に勝とうとしたり、
他にはないものを得ようとする人や、
場合によっては人をけなしたり否定することで
自分の優位性を感じる人もいます。
重要感が強いことを悪いことだと思う人もいますが、
私も含め、誰もが持っているニーズです。

ただ、他人をけなしたり、他人を否定することで
満たすのではなく、自分の力で満たしてあげましょう。

 

友達が欲しい。家族を持ちたい。
会社に所属したい。趣味のコミュニティに入りたい。
誰かと共通の会話ができること。
共通の趣味があること。
秘密を共有できること。

共感 売上 トップセールス エンパシー

それも人間の基本的な欲求の一つです。
同じ芸能人が好きなファン同士のコミュニティでは
初めて会った人とすぐに分かり合い、友達になることもあります。

私たちは、同じ趣味の仲間としてコミュニティに
所属し、”つながり”のニーズを満たしあっています。
趣味がマニアックであればあるほど、つながりは太くなります。

 

成長したい。というニーズはとても大切です。
このニーズがないと、人は成長しません。

シックス ヒューマン ニーズ 成長
しかし中には、1から4のニーズを満たすことを
成長と勘違いしていることがあります。
例えば、自分の”成長”を人にアピールすると、「すごい!」と言われます。
このとき”成長”は”重要感”のニーズを満たすためのものです。

誰一人として自分の努力を知らなくても
『成長したい』と思えるでしょうか。
もしそれが思えたとき、あなたは”成長”のニーズに
答えているのです。

 

人は誰でも、人の役に立ちたいという欲求があります。
子供の頃、何の見返りもなく友達に親切にしたり、
親の手伝いをしたりしていませんでしたか^^

このニーズは子供の頃は表面に出ていても、
いろんな経験、いろんな知恵を得ることで
大人になると心の奥底に眠ってしまう人もいます。

”貢献”のニーズで満たされると、
とても深いレベルの喜びを感じることができます。

”貢献”もよく他のニーズを満たすものとして成り替わる可能性があります。
誰かに賞賛されるために貢献していませんか?

誰一人知らなくても、役に立ちたいと思えるかどうか。
自分の心だけが知っています。

ビジョン 夢 リーダーシップ シンプルシフト トレーニング

誰もが同じ6つのニーズを持っていますが、
人によってそれぞれのニーズの強さは違います。

自分のニーズを知らない。
ニーズを誤解したまま 目標を決めてしまうことで
誤った選択をしてしまう可能性があります。

例えば、「起業しよう」と決めたものの
同じ会社に10年勤めて、安定した日常から抜け出したい。
「変化」のニーズを満たしたいだけの場合だと
起業することは正しい決定でしょうか?

「変化」のニーズを満たすには、
異動することでも良いですし、
新しい趣味を始めることかもしれません。

もし起業を選択したとしても、
「変化」のニーズを満たすため
自分がワクワクする起業でないと意味がありません。
人は、ニーズのためなら夢さえも犠牲にします。
どんなに優れた目標を立てても、
自分のニーズを満たすことができないと、
目標を達成することはできません。

想い 現実湾曲フィールド 起業家 シンプル

自分のニーズを見極めることが、目標達成の第一歩なのです。

自分のニーズに向き合い、どうしたらそのニーズを満たし
目標を達成することができるか、考えてみましょう!

関連記事

プロフィール

SIMPLE SHIFT
シンプルシフトトレーナー
GALLUP認定ストレングスコーチ
ヨガワークス認定ヨガインストラクター
村上 祐理奈
詳しいプロフィールはこちら

ぜひFacebookでも お付合いくださいませ♫

ビジネスアイデアWS

ビジネスモデル デザインセミナー ビジネスアイデア ワークショップ

「良いものづくり」から「感動創造」へ
お客様が感動する仕事の価値の作り方

詳しくはこちらから

“人生を思いどおりにデザインする”決断力を手に入れよう!

毎月限定受付中
\人生を思いどおりにデザインする/
”極上の決断”をつくる
『シンプルシフトトレーニング』

起業家 岐路 分かれ道 決断